戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。

お城情報

  • HOME »
  • お城情報

三田城 [ ]

三田城(さんだじょう)は兵庫県三田市屋敷町・天神の周辺にあった日本の城。築城に関しては車瀬城から三田城になり、三田陣屋となったと言われているが、詳細については不明な点も多い。

松ヶ島城 [ ]

織田信長の侵攻に備えて北畠具教が築く。和睦後は具教の養子となった織田信雄が5層の天守を築く。

龍野城 [ ]

龍野城(たつのじょう)は兵庫県たつの市龍野町にある日本の城跡。別名、霞城。

淡河城 [ ]

“淡河城の築城年代は定かではないが、鎌倉時代に北条時盛が子の朝盛に淡河荘を与えて、以後朝盛の子孫が淡河氏を称した。  南北朝から室町時代にかけて、淡河氏は播磨守護赤松氏に属し、文明18年に東播磨8郡の守護代に …

花隈城 [ ]

永禄10年、織田信長の命により摂津伊丹有岡城主荒木村重によって築かれた。 石山本願寺への西国からの援助を断つための要所として重要な城であった。天正8年、荒木村重が信長に背くと、花隈城は池田信輝らによって攻められ落城した。 …

兵庫城 [ ]

天正6年に伊丹有岡城主荒木村重が織田信長に背き、織田の武将池田恒興が村重を攻めた。 村重滅亡後、天正8年に花隈城を攻略した功により信長から兵庫の地を与えられた池田恒興は、天正9年に花隈城の石材などを移し築城した

富松城 [ ]

富松城(とまつじょう)は兵庫県尼崎市にあった日本の城。

瓦林城 [ ]

瓦林城は、武庫川の西岸、阪急神戸線の線路沿いにある日野神社が城跡と云われている。 日野神社の参道に石碑が建てられてる。

越水城 [ ]

別名:小清水城。瓦林政頼は細川澄元との越水城の戦いの後に切腹。織田信長の摂津侵攻で篠原長房は城を放棄、廃城となる。城跡には石碑のみ。

尼崎城 [ ]

尼崎城(あまがさきじょう)は、兵庫県尼崎市にあった日本の城である。江戸時代初期に築城された平城。本丸跡は尼崎市立明城小学校の敷地として利用されている。

河内野崎城 [ ]

野崎城(のざきじょう)は、大阪府大東市にあった日本の城野崎城は、慈眼寺(野崎観音)の裏山に築かれた城で、標高114.4mの山頂に本曲輪の削平地を構築した。また飯盛山の東の支脈の突き出した場所で、平地が狭かったことから、交 …

千石堀城 [ ]

千石堀城(せんごくぼりじょう)は、大阪府貝塚市橋本にあった日本の城(山城)。

河内野田城 [ ]

南北朝期の城。鎌倉時代末期に楠木正成配下の野田正勝により築かれた。城地は約200m四方の微高地であり、周囲を西除川が流れて天然の堀を形成していた。後醍醐天皇に呼応して楠木正成が上赤坂城で挙兵した際、急ごしらえの張りぼての …

柴島城 [ ]

柴島城(くにじまじょう)は、大阪市東淀川区にあった日本の城。柴島の地は、神崎川と中津川に囲まれた中州である中島にあり、若干の高地(芝ガ洲)にあったと思われている。この地は近代の淀川改修事業で一部は淀川の河川敷になり、中津 …

下赤坂城 [ ]

下赤坂城(しもあかさかじょう)は、日本の城。所在地は大阪府南河内郡千早赤阪村森屋。国の史跡に指定されている。鎌倉時代末期より南北朝時代に存在した楠木正成の城である。標高185.7メートル、比高61.4メートル。遺構はほと …

烏帽子形城 [ ]

烏帽子形城(えぼしがたじょう)は、大阪府河内長野市喜多町の烏帽子形山にあった日本の城。別名「押子形城」。奥河内の名所である高野街道の沿線にあり、城跡は国の史跡に指定されている。楠木正成が築城した楠木七城のひとつで、上赤坂 …

伯太陣屋 [ ]

伯太陣屋(はかたじんや)は、和泉国和泉郡伯太村(現・大阪府和泉市伯太町)にあった陣屋で、伯太藩の藩庁である。

神戸城 [ ]

神戸城(かんべじょう)は、三重県鈴鹿市神戸本多町にあった日本の城である。江戸時代には神戸藩の藩庁が置かれた。

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.