戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。

お城情報

  • HOME »
  • お城情報

撫川城 [ ]

撫川城は、現在の三神社境内に築かれていた。別名:高下ノ城、芝揚城、泥城、小倉城。

庭瀬城 [ ]

庭瀬城(にわせじょう)は、岡山県岡山市北区にある城跡である。戦国時代に築城されたが、江戸時代初頭に廃城となり、同地の二之丸に庭瀬藩庁を設け、庭瀬陣屋(にわせじんや)となった。別名芝場城(しばのじょう)。

三原城 [ ]

三原城は毛利元就の三男である小早川隆景により、三原湾に浮かぶ大島と小島を石垣でつないで築かれた海城。小早川水軍の母港の役割も果たす海賊城でもあった。豊臣秀吉、徳川家康もここに泊まったことがあるそう。隆景は秀吉から筑前国を …

大城グスク [ ]

別称ウフグシクグスク、14世紀の初め頃に大城按司によって築かれた。

膳所城 [ ]

膳所城は徳川家康の命により、天下普請によって築かれた城です。築城の名手と謳われた藤堂高虎に最初につくらせた城で、日本三大湖城のひとつに数えられます。大津城にかわって京都の東の守りを固める目的で築かれ、戸田氏や本多氏など譜 …

岸砦 [ ]

岸砦は伊丹城総構え北の砦。現在、猪名野神社。

宇陀松山城 [ ]

宇陀松山城は、大和国宇陀郡(現在の奈良県宇陀市)に存在した日本の城である。平成18年(2006年)に国の史跡に指定されている。別名は秋山城、神楽岡城。

加古川城 [ ]

秀吉が毛利討伐の軍議を開き、三木城攻めの拠点とした城。12代糟屋武則は、秀吉子飼いの賤ヶ岳七本槍の一人。現在、城跡には糟屋氏の墓所・稱名寺がある。

枝吉城 [ ]

枝吉城は黒田官兵衛の母である明石氏の出身地として知られている。三木街道が通る要衝の地にあることからたびたび合戦の舞台となっており、赤松晴政や三好長慶らの軍勢に攻められている。明石則実が城主のときに播磨へ侵攻してきた羽柴秀 …

船上城 [ ]

別所吉親が林ノ城として築いたとの説もある。天正の国替えで高山右近の所領となり、城と城下町を築く。右近が切支丹令で追放されると、池田氏が入城。

上赤坂城 [ ]

上赤坂城(かみあかさかじょう)は、日本の城。所在地は大阪府南河内郡千早赤阪村上赤阪。 「上赤阪城」と書くこともある。別名、楠木城。小根田城、桐山城とも言う。楠木七城の一つ。 「楠木城跡(上赤阪城跡)」として国の史跡に指定 …

国見城 [ ]

金剛山山頂北西側に楠木氏が千早城の詰城を築いたといわれる。転法輪寺(金剛山寺)を城郭に転用したものか。

怪島城 [ ]

河野氏滅亡後、来島氏の持ち城。

高安城 [ ]

高安城(たかやすじょう/たかやすのき)は、奈良県生駒郡平群町と大阪府八尾市にまたがる、高安山[1]の山頂部に所在するとされる、日本の古代山城(朝鮮式山城)である。

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.