写真多数掲載 | お城めぐりGPSスタンプラリー [ 戦国攻城記 ]
戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。
投稿
  • HOME »
  • お城情報 »
  • 写真多数掲載

写真多数掲載

苗木城 [ ]

100名城ではなく天守など目立った建物も無いため訪れる人が少ないが、しっかりと残った石垣は見応え充分!

苗木城天守台

田丸城 [ ]

田丸城は、南北朝動乱期の延元元年(1336)、後醍醐天皇を吉野に迎えようと伊勢に下った北畠親房が、愛洲氏や度会市などの援助を得てこの玉丸山に城を築いて南朝方の拠点としたことが始まりとされる。天正3年(1575)、織田信長の次男で北畠氏を継いだ織田信雄が、玉丸城に大改造を加え、本丸・二の丸・北の丸を設け、本丸には三層の天守閣を建て田丸城の誕生となった。

福井城 [ ]

福井県福井市にある平山城。現在は内堀、石垣、天守台など、一部の遺構が現存。

福井城

滝山城 [ ]

武蔵国の守護代、多いし定重が築城と伝えられる中世城郭。後に北条氏康の子、氏照の居城となる。現在は都立滝山公園となっているが、本丸をはじめ中の丸、二の丸や多数の空堀など、沢山の遺構が残っている。

末森城 [ ]

末森城は、室町時代末期、尾張国愛知郡鳴海荘末森村(現・愛知県名古屋市千種区城山町)にあった城郭である。縁起の良い名ということで末盛城とも書かれた。

足助城 [ ]

真弓山城(まゆみやまじょう)は三河国加茂郡足助庄(現・愛知県豊田市足助町)の真弓山(標高301メートル)にあった城。現在では「城跡公園足助城」として整備・公開されている。

月山富田城 [ ]

島根県にあった城。日本100名城の一つ。戦国時代に参院の覇者であった尼子氏の盛衰の舞台となったことで有名。典型的な山城である。

江戸城 [ ]

東京都にある城。日本100名城の一つ。国内最大の城郭を持つ。江戸時代は徳川幕府の政庁であり、現在は皇居となっている。天守は明暦の大火により失われ、以後再建されていない。

名古屋城 [ ]

愛知県にある城。日本100名城の一つであり、姫路城や熊本城とともに日本三名城に数えられている。天守閣の金鯱は、城だけでなく名古屋の街の象徴にもなっている。

岩村城 [ ]

岩村城は岐阜県恵那市岩村町にある中世の山城跡。日本三大山城の一つであり、石垣などの遺構が非常に良く残っている。付近は霧が多く発生するため、別名・霧ヶ城とも呼ばれる。

左に登ると東曲輪

彦根城 [ ]

滋賀県にある城。日本100名城の一つ。廃城令を免れ、国宝の天守、附櫓(つけやぐら)および多聞櫓(たもんやぐら)のほか、安土桃山時代から江戸時代の櫓・門など5棟が現存し、国の重要文化財に指定されている。

郡上八幡城 [ ]

郡上八幡城は、岐阜県郡上市八幡町柳町にある城。 現在の天守は、1933年(昭和8年)模擬天守としては全国的にも珍しい木造で造られた。石垣が岐阜県史跡に、天守が郡上市有形文化財に指定され、内部は歴史資料館などとして利用されている。城自体は小規模だが、城下から眺める城の風景や、城から見下ろす城下町のたたずまいは大変美しい。

郡上八幡城

大垣城 [ ]

岐阜県大垣市郭町にあった平城。麋城(びじょう)または巨鹿城(きょろくじょう)とも呼ばれる。 並郭式に本丸と二ノ丸を並べ、その周囲を三ノ丸で囲い、更に外周は惣構とし、本丸には北西隅に4重4階(3重4階とも)の複合式層塔型天守を上げ、3重櫓1基に2重櫓を3基、二ノ丸に月見櫓など3重櫓を4基、三ノ丸には2重櫓4基、平櫓1基などが建て並べられ、本丸に2つ、二ノ丸に1つ、三ノ丸に大手門など大小5つ、外郭に南大手門など大小7つの門が開かれていた。

大垣城

勝幡城 [ ]

織田信長生誕の城と言われている。但し、遺構などは残っておらず石碑があるだけである。「勝幡城址」と「織田弾正忠信定古城跡」の石碑と「文化財史跡勝幡城址」の木碑がある。日光川の嫁振橋には「勝幡城復元図」がある。

勝幡城阯

岡山城 [ ]

岡山県にある城。日本100名城の一つ。「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、隣県の「白鷺城(はくろじょう)」(姫路城)と対比される。隣接する後楽園は、日本三大庭園の一つ。

高知城 [ ]

高知城は、高知県高知市(土佐国土佐郡高知)にあった城。 城跡は国の史跡に指定されている。城全域は高知公園として開放されており、本丸御殿・天守は懐徳館という資料館として利用されている。

高松城 [ ]

高松城は、日本の香川県高松市玉藻町にあった城である。国の史跡に指定されている。現在、城跡は「玉藻公園」として整備されている。

高松城

鬼ノ城 [ ]

鬼ノ城(きのじょう)は岡山県総社市の鬼城山に遺る神籠石式山城。日本100名城の一つ。国の史跡。すり鉢形の鬼城山の山頂周囲を石垣・土塁による城壁が周囲2.8キロメートルに渡って取り巻く。城壁によって囲まれた面積は約30ヘクタールを測る。

鬼ノ城西門

松江城 [ ]

松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある平山城。別名・千鳥城。天守が現存し、国の重要文化財に指定されている。城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本100名城、日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。

松江城

備中松山城 [ ]

松山城は岡山県高梁市内山下にあった山城である。別名、高梁城(たかはしじょう)。国の史跡。日本100名城の一つ。四国の愛媛県松山市にあった松山城との混同を避けるために、一般的には「備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)」と呼ぶ。城跡が国の史跡、江戸時代に建造された天守などが国の重要文化財に指定されている。

備中松山城五の平櫓と天守
1 2 »
  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.