戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。
お城情報
  • HOME »
  • お城情報 »
  • 京都府

京都府

福知山城

京都府福知山市にある城跡 国人塩見頼勝が、八幡山の脇に築城したのが始まりと言われている

亀山城

明智光秀により丹波統治の拠点として築城された。

亀山城(丹波国)

淀古城

秀吉が淀殿の出産のために築いた城です。淀城の北500mほどの大圓山妙教寺の中に城碑があります。完全に宅地化されているため遺構は全く残っていません。

淀城

江戸時代に入ってから築かれた城です。淀殿ゆかりの城とは別です。

伏見城

伏見城は、現在の京都市伏見区桃山町周辺にあった城。伏見城は3度に渡って築城され、最初の城は朝鮮出兵開始後のに豊臣秀吉が隠居後の住まいとするため伏見指月に建設を始めた。このとき築かれたものを指月伏見城と呼び、後に近隣の木幡山に再築されたものは木幡山伏見城と呼ばれる。さらに木幡山伏見城は豊臣期のものと、焼失した跡に徳川家康によって再建された徳川期とに分けられる。

二条城

二条城とは京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある江戸時代の城である。日本100名城の一つ。徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。城全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿にある計1016点の障壁画が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年には世界文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.