現在の城主どんきー さん

出陣していないので攻略出来ません。
攻略するには出陣登録をして下さい。

出 陣 登 録

行ってみたいお城に登録

墨俣城

画像出典:Wikipedia

築城時期は不明である。長良川西岸の洲股(墨俣)の地は交通上・戦略上の要地で、戦国時代以前からしばしば合戦の舞台となっていた(墨俣川の戦い)。斎藤氏側で築いた城は斎藤利為らが城主を務めた。また、1561年(永禄4年)ないし1566年(永禄9年)の織田信長による美濃侵攻にあたって、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)がわずかな期間でこの地に城を築いたと伝えられている。これがいわゆる墨俣一夜城であるが、不明な点が多く、様々な議論がある。
現在、墨俣城跡の北西側は一夜城跡として公園に整備されている。公園内には大垣城の天守を模した墨俣一夜城歴史資料館が建てられているが、史実上の外観とは異なる。また、公園内にある白鬚神社(式内社荒方神社の説がある)には境内社として模擬天守閣が築かれたさいに分祀された豊国神社があり、豊臣秀吉が祀られている。

出典:Wikipedia

豊臣秀吉が一夜で築いた(ように見せた)城として有名な墨俣城。現在はRC造の模擬天守が建てられており、墨俣歴史資料館となっている。

墨俣城の地図