戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。

お城情報

  • HOME »
  • お城情報

小松陣屋 [ ]

小松陣屋(こまつじんや)は愛媛県西条市小松町新屋敷(伊予国新居郡)にあった陣屋で、小松藩の藩庁である。

鷺ノ森城 [ ]

伊予守護となった河野通之が桑原氏に命じて築かせた城。戦国時代、小早川隆景の攻撃で城主以下全員が討死して落城。城跡は現在、鷺ノ森神社境内にある。別名:鷺森城。

木ノ下城 [ ]

木ノ下城は尾張国守護・斯波氏の家臣である織田広近が築いた城。その子孫であり、織田信長の叔父にあたる織田信康が犬山城を築いて居城を移したことにともない廃城となった。現在、城趾には愛宕神社があり、境内には金明水という古井戸が …

小口城 [ ]

小口城は織田広近の居城として知られている。織田信長の尾張統一の際に攻め落とされ廃城となったが、「小牧・長久手の戦い」において、一時的に秀吉方の前線基地として再興された。別名:箭筈城。

那古野城 [ ]

那古野城は今川義元の父である今川氏親によって、尾張進出の拠点として築いた城。その後、織田信長の父である信秀が今川氏から奪い取り、信長はこの城で生まれたといわれている(現在は勝幡城生誕説が有力)。信秀は那古野城を幼い信長に …

芥川城 [ ]

芥川城(あくたがわじょう)は大阪府高槻市にある日本の城跡。同じ高槻市にある能勢頼則が築城した山城も芥川城と呼称されている。現在では便宜上、殿町周辺にあった城を「芥川城」、三好山にあった城を「芥川山城」と区別している。芥川 …

高槻城 [ ]

高槻城(たかつきじょう)は、明治7年(1874年)まで大阪府高槻市にあった日本の城。入江城(いりえじょう)とも呼ばれる。室町時代は入江氏の居城であったが織田信長に滅ぼされ、その後和田惟政、次いで高山右近が城主となった。天 …

普門寺城 [ ]

普門寺城とは、明徳元年(1390)、僧説厳の創建にかかる普門寺(臨済宗建長寺派)を城郭化して普門寺城と呼んだものである。永禄4年(1561年)に元管領・細川晴元を隠居させるため城郭として築城され(三好氏ではないかと言われ …

狭山陣屋 [ ]

狭山陣屋(さやまじんや)は、河内国丹南郡池尻村および半田村(現・大阪府大阪狭山市狭山)にあった陣屋で、狭山藩の藩庁である。天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐により、後北条氏5代当主北条氏直が高野山にて蟄居 …

若江城 [ ]

若江城(わかえじょう)は南北朝時代(1382年)から安土桃山時代(1583年)の約200年間にわたって河内国若江郡(現在の大阪府東大阪市若江南町)にあった日本の城(平城)。畠山氏の河内経営の拠点で、河内国の経営を担当した …

私部城 [ ]

私部城(さきべじょう)は、河内国(大阪府交野市私部6丁目)に築かれた日本の城(平城)。別名交野城(かたの)ともいう。交野城は交野市の北方にある、東西に延びる丘陵、免除川の南側に築城された。室町時代の永禄8年(1565年) …

鞆城 [ ]

鞆城は、福山市鞆町の町並中央にある独立丘陵を利用したもので、天正年間(1573~92)に毛利氏が足利義昭を鞆に迎えた際に、築城したもの。現在、城地に歴史民俗資料館が建っている。

来島城 [ ]

来島城(くるしまじょう)は、愛媛県今治市波止浜沖の来島にある日本の城(島城)である。村上水軍の根拠地の一つ。

丹南陣屋 [ ]

丹南陣屋は来迎寺の東隣に築かれていた。 元和9年、高木正次が大坂城定番となり、河内丹南1万石を与えられ、陣屋を築いた。 丹南藩は、河内にあった1万石クラスの4つの藩(大井・狭山・西代・丹南)の一つで、初代正次以後、代々居 …

三田城 [ ]

三田城(さんだじょう)は兵庫県三田市屋敷町・天神の周辺にあった日本の城。築城に関しては車瀬城から三田城になり、三田陣屋となったと言われているが、詳細については不明な点も多い。

松ヶ島城 [ ]

織田信長の侵攻に備えて北畠具教が築く。和睦後は具教の養子となった織田信雄が5層の天守を築く。

龍野城 [ ]

龍野城(たつのじょう)は兵庫県たつの市龍野町にある日本の城跡。別名、霞城。

淡河城 [ ]

“淡河城の築城年代は定かではないが、鎌倉時代に北条時盛が子の朝盛に淡河荘を与えて、以後朝盛の子孫が淡河氏を称した。  南北朝から室町時代にかけて、淡河氏は播磨守護赤松氏に属し、文明18年に東播磨8郡の守護代に …

花隈城 [ ]

永禄10年、織田信長の命により摂津伊丹有岡城主荒木村重によって築かれた。 石山本願寺への西国からの援助を断つための要所として重要な城であった。天正8年、荒木村重が信長に背くと、花隈城は池田信輝らによって攻められ落城した。 …

兵庫城 [ ]

天正6年に伊丹有岡城主荒木村重が織田信長に背き、織田の武将池田恒興が村重を攻めた。 村重滅亡後、天正8年に花隈城を攻略した功により信長から兵庫の地を与えられた池田恒興は、天正9年に花隈城の石材などを移し築城した

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.