戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。
お城情報
  • HOME »
  • お城情報 »
  • 国の重要文化財

国の重要文化財

金沢城 [ ]

多数残る遺構や、大規模な復元建造物は加賀100万国の空気を感じれられる貴重な空間。

江戸城 [ ]

東京都にある城。日本100名城の一つ。国内最大の城郭を持つ。江戸時代は徳川幕府の政庁であり、現在は皇居となっている。天守は明暦の大火により失われ、以後再建されていない。

名古屋城 [ ]

愛知県にある城。日本100名城の一つであり、姫路城や熊本城とともに日本三名城に数えられている。天守閣の金鯱は、城だけでなく名古屋の街の象徴にもなっている。

彦根城 [ ]

滋賀県にある城。日本100名城の一つ。廃城令を免れ、国宝の天守、附櫓(つけやぐら)および多聞櫓(たもんやぐら)のほか、安土桃山時代から江戸時代の櫓・門など5棟が現存し、国の重要文化財に指定されている。

福山城 [ ]

広島県にある城。日本100名城の一つ。近世城郭円熟期の代表的な遺構であり、国の史跡および重要文化財に指定されている。

岡山城 [ ]

岡山県にある城。日本100名城の一つ。「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、隣県の「白鷺城(はくろじょう)」(姫路城)と対比される。隣接する後楽園は、日本三大庭園の一つ。

福岡城 [ ]

福岡県福岡市にあった城。日本100名城の一つ。関ヶ原の戦いの功績により筑前国を得た黒田孝高・長政父子が築城。現在の舞鶴公園は福崎丘陵と呼ばれていたが、築城の際、黒田家ゆかりの地である備前国福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町 …

佐賀城 [ ]

佐賀城(さがじょう)は、佐賀県佐賀市にあった日本の城。古名は佐嘉城。別名、沈み城、亀甲城。江戸時代初頭に完成し、外様大名の佐賀藩鍋島氏の居城であった。

宇和島城 [ ]

宇和島城(うわじまじょう)は四国の愛媛県宇和島市丸之内にあった城である。江戸時代は宇和島藩の藩庁となった。国の史跡に指定されている。 宇和島城は、中世期にあった板島丸串城の跡に藤堂高虎によって築かれた近世城郭である。

大洲城 [ ]

大洲城(おおずじょう)は伊予国喜多郡大洲(四国・愛媛県大洲市大洲)にあった城である。城跡一帯は県指定史跡に指定されている。

高知城 [ ]

高知城は、高知県高知市(土佐国土佐郡高知)にあった城。 城跡は国の史跡に指定されている。城全域は高知公園として開放されており、本丸御殿・天守は懐徳館という資料館として利用されている。

萩城 [ ]

関ヶ原の戦いで敗れた毛利氏が、広島城に代わる新たな居城として築いた城。本丸の御殿は藩主居館と政庁を兼ねており、250年余りの間、長州藩の拠点であった。

松江城 [ ]

松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある平山城。別名・千鳥城。天守が現存し、国の重要文化財に指定されている。城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本100名城、日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。

松江城

備中松山城 [ ]

松山城は岡山県高梁市内山下にあった山城である。別名、高梁城(たかはしじょう)。国の史跡。日本100名城の一つ。四国の愛媛県松山市にあった松山城との混同を避けるために、一般的には「備中松山城(びっちゅうまつやまじょう)」と呼ぶ。城跡が国の史跡、江戸時代に建造された天守などが国の重要文化財に指定されている。

備中松山城五の平櫓と天守

和歌山城 [ ]

和歌山城は、和歌山県和歌山市一番丁にあった日本の城(平山城)である。日本100名城の一つ。徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城であった。非常に広大な構えとして建設されたが、度重なる火事によって、現存する城跡は最盛期の4分の1とされている。国の史跡に指定されている。

明石城 [ ]

明石城は兵庫県明石市明石公園にあった日本の城。日本100名城の一つ。。旧明石藩の政庁と藩主の居所が置かれた。別名、喜春城、錦江城とも呼ばれる。現在中堀の内側は兵庫県立明石公園として整備され、日本さくら名所100選に指定されている。櫓や石垣は1995年の阪神・淡路大震災で被害を受けたが全面修復された。

二条城 [ ]

二条城とは京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある江戸時代の城である。日本100名城の一つ。徳川家康の将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜の大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。城全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿にある計1016点の障壁画が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年には世界文化遺産に「古都京都の文化財」として登録されている。

松山城 [ ]

松山市の中心部、勝山(城山)山頂に本丸を構える平山城である。日本三大平山城にも数えられる。

掛川城 [ ]

掛川城は、遠江国佐野郡掛川にあった城である。日本100名城の一つ。朝比奈氏によって逆川の北沿岸にある龍頭山に築かれたとされ、現在見られる城郭の構造の基本的な部分は安土桃山時代に同地に入封した山内一豊によるものである。

丸岡城 [ ]

丸岡城は、福井県坂井市丸岡町霞にあった城である。別名霞ヶ城。日本100名城の一つ。小高い独立した丘陵に築かれた平山城であり、今の天守は安土桃山時代に建造されたものである。別名の霞ヶ城の由来は、合戦中に大蛇が現れて霞を吹き、姿を消してしまったという伝説から来ている。

1 2 »
  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.