奈良県 | お城めぐりGPSスタンプラリー [ 戦国攻城記 ]
戦国攻城記は無料で使えるお城めぐりスタンプラリーサービスです。
お城情報
  • HOME »
  • お城情報 »
  • 奈良県

奈良県

柳本城

築城年代は定かではないが楊本氏によって築かれたと云われる。 楊本氏は至徳元年(1384年)の「長川流鏑馬日記」に名が記されている大乗院方衆徒で、楊本庄下司職を与えられていた。近世の織田氏の陣屋は中世の柳本城を改修したもの …

芝村陣屋

芝村陣屋(しばむらじんや)は奈良県桜井市大字芝村(桜井市芝、大和国式上郡)にあったが、当初は戒重(かいじゅう)に陣屋を構えた。現在、跡地は織田方学校の敷地となっている。

筒井城

筒井城は筒井氏の居城として知られている。筒井氏は大和の戦国大名で興福寺衆徒だった。筒井城の城域は、おおよそ南北400m、東西500mと、平地部に築かれた中世の城としては比較的規模が大きいもの。現在、城址は宅地、畑地、水田 …

上庄北城

上庄北城は奈良県生駒郡平群町上庄(小字:峠)にある標高117.5mの丘陵地に築城された東西約60m、南北約67mの規模を持つ中世の館城遺構である。

多聞山城

多聞山城(たもんやまじょう)は、奈良県奈良市法蓮町の現・奈良市立若草中学校の敷地にあった松永久秀、松永久通、塙直政の居城となった日本の城(平山城)。多聞城とも呼ばれる。本丸は現在、若草中学校地。

信貴山城

信貴山城(しぎさんじょう)は、奈良県生駒郡平群町にあった日本の城である。木沢長政・松永久秀の居城となった。信貴山城は大和と河内の国境にある生駒山系に属する信貴山(標高433m)山上に築かれた山城である。信貴山は大和と河内 …

椿井城

椿井城(つばいじょう)は、奈良県生駒郡平群町椿井にあった日本の城(山城)。椿井山城とも呼ばれる。

窪之庄城

窪之庄城(くぼのしょうじょう)は奈良県に存在した中世の日本の城(平城)。奈良市窪之庄町に位置する。居館を背後の丘陵に拡張し、環濠集落を外郭とした。

二上山城

二上山城は大阪・奈良両府県に位置する二上山上にあって、楠木氏河内七城の一つと伝えられる。その後、、河内守護畠山氏が高屋城を築いたとき、その支城としたものである。

小泉城 (大和国)

小泉城(こいずみじょう)は奈良県大和郡山市小泉町(大和国添下郡)にあった日本の城(平城)。別名、片桐城、小泉陣屋とも呼ばれている。小泉陣屋時代は小泉藩の藩庁でもあった。

高取城

高取城は、奈良県高市郡高取町高取にあった日本の城である。日本100名城の一つ。別名、高取山城。江戸時代は高取藩の藩庁であった。山上に白漆喰塗りの天守や櫓が29棟建て並べられ、城下町より望む姿は「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と謡われた。なお、土佐とは高取の旧名である。国の史跡に指定されている。

  • メールでお問い合わせはこちら
PAGETOP
Copyright © 戦国攻城記 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.